■プロフィール

大阪ねこの会

Author:大阪ねこの会
大阪市の「公園猫サポーター制度」の発足とともにサポーターや個人ボランティア間の交流を図る目的で結成された「おおさか公園ねこの会」は、公園猫サポーターメンバーによる「連絡会」が発足したことにより、さらにボランティア間の交流を拡大する目的で名称から「公園」を外して「大阪ねこの会」と改名しました。
今後の活動として、ボランティアのマッチングコーディネイトや情報交換、勉強会、講演会のほか、会員の皆様の意見・要望をまとめ、関連機関との話し合いも進めていきたいと思っています。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■リンク

image.jpg

image5.gif

image2.jpg

image3.jpg

image4.gif

item.jpg

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第三回・避妊去勢手術支援事業報告
去る3月17、18日におおさか公園ねこの会と大阪市ゆとりとみどり振興局の協働事業、
第三回・避妊去勢手術支援事業が行われました。
今回の執刀も前回と同じく(公財)どうぶつ基金顧問の山口武雄先生と岡部先生にお願いしました。

手術数はメス49オス31耳カットのみ2
合計捕獲数82となりました。
捕獲を頑張った皆様、事業のお手伝いをいただいた皆様、
お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

春の出産シーズンまでにと急いで準備をしたのですが、
各所の都合によりシーズンに突入してしまった今回、
ほとんどのメス猫が妊娠していました。
手術にも時間がかかり、母体にも負担が大きい妊娠猫の手術、
できるなら妊娠前に手術をしてあげてほしかったです。



IMG_8664.jpg

続々と来る手術待ちの猫たち。
中には「キケン」の張り紙のある子も^^;
妊娠猫は気が立っているので本当に危険。




IMG_8665.jpg

こんな子や、




IMG_8666.jpg

こんな子が参加。




そして手術後には必ず

IMG_8668.jpg

みみ先カット。
これがあれば「手術済み」ということと「お世話をしている人がいる」ということが分かります。
お外にリリースする子にはオスメス関係なく、必ずみみ先カットを!


猫たちは、見た目が変わらずに戻ってくるので
依頼者に「妊娠していました」と伝えても実感は湧かないと思います。
でも、あの大量の胎児を見たら、どうしてもっと早く手術をしてあげなかったのかと
とてもつらい気持ちになると思います。
どうか未手術の猫がいたら即、捕獲して手術をお願いします。

人間の勝手な都合で産まれることができなかった小さな命に
哀悼の意と懺悔の気持ちを表します。
ごめんなさい。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

第6回・公園ねこの会のお知らせ

日時:2012年4月22日(日)13:00~
場所:阿倍野市民学習センター(前回と同じ場所です)
内容:○警察対応について
   ○餌やり禁止条例 対市交渉について
   ○第三回手術支援のご報告
   ○その他


参加費無料・予約不要。お気軽にご参加ください。



 応援よろしく!
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


   


スポンサーサイト
市民の会 取り組み | 15:14:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。