■プロフィール

大阪ねこの会

Author:大阪ねこの会
大阪市の「公園猫サポーター制度」の発足とともにサポーターや個人ボランティア間の交流を図る目的で結成された「おおさか公園ねこの会」は、公園猫サポーターメンバーによる「連絡会」が発足したことにより、さらにボランティア間の交流を拡大する目的で名称から「公園」を外して「大阪ねこの会」と改名しました。
今後の活動として、ボランティアのマッチングコーディネイトや情報交換、勉強会、講演会のほか、会員の皆様の意見・要望をまとめ、関連機関との話し合いも進めていきたいと思っています。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■リンク

image.jpg

image5.gif

image2.jpg

image3.jpg

image4.gif

item.jpg

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
TNR支援事業のご報告
去る12月17日、18日の二日間、おおさか公園ねこの会による
第二回・避妊去勢手術支援事業が、大阪市ゆとりとみどり振興局や
東部方面公園事務所の皆さんのご協力により行われました。


両日合わせた成果はオス43匹メス57匹手術済み耳カットのみ2匹
計102匹の手術を行うことができました。
寒い中、捕獲を頑張ったサポーターさん、お疲れ様でした^^


今回もやはり手術済みにもかかわらず、捕獲され、麻酔をかけられた子がいました。
耳カットがないと手術したことを知らずに捕獲され、開腹されることもあるそうです(>_<;)
今回は開腹された子はいませんでしたが、手術済みのしるし、
みみ先カットは重要です。

画像 168

今回手術を受けた猫たちはみんな、みみ先カットを受けました。
麻酔が効いている間にカットするので痛くはありません。
それよりも、必要もないのに開腹される方がかわいそうですよね。
避妊去勢手術を施した猫にはみみ先カットを!
これも愛情のひとつです。



この猫達の避妊去勢手術(100頭)は公益財団法人どうぶつ基金の、
みみ先カット猫無料不妊手術事業により、(公財)どうぶつ基金顧問の
山口武雄先生におこなっていただき、手術費用全額をどうぶつ基金に
ご負担いただきました。



IMG_7590.jpg

手術待ちの猫たち。
ぞくぞくとやってくるので、置き場所に困るほどでした。



IMG_7587.jpg
出せ

この男の子は超巨大。
ライオンの子供かと思うほど^^;




IMG_7589.jpg

今回は予定匹数が多かったので二人の先生が来てくださいました。
右からおおさか公園ねこの会代表の水上、山口先生、岡部先生、中之島公園猫対策協議会の荒井さん。




17日にはお客様も。

IMG_7586.jpg

避妊去勢事業にご協力いただいた「公益財団法人どうぶつ基金」の佐上理事長(左)と
兵庫県会議員のいけはた浩太朗議員(右)。
兵庫県にも公園ねこサポーター制度を適用するべく見学にいらっしゃいました。
ぜひ、広めていただきたいですね。




そして、二人の先生が手際よく避妊去勢手術を行って下さいました。



で、今回も、

IMG_7584.jpg

耳掃除のサービス付き♪
みんなすっきり綺麗なお耳になってお帰りになりました^^




IMG_7594.jpg

そしてなんと、18日は山口先生のお誕生日!!
猫型ケーキをご用意してささやかなお祝い。




IMG_7593.jpg

64歳になられたそうです^^
年齢よりお若くてお元気なのでまだまだ現役でご活躍していただけますね。
今後もよろしくお願いします<(_ _)>



手も口も大いに動かす大阪の元気パワーに先生方はびっくりしてらっしゃいましたが、
無事に予定通りの100匹の避妊去勢手術を行うことができました。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
これで、次の春に産まれる望まれない命が200匹以上は減ったことになります。

でも、これで終わりではありません!
今回はサポーターさんのいる公園だけの実施だったので、
その他の公園や、捕まらなかった子もいます。
未手術の子がいるかぎり猫は増え続けるので、
未手術の子を見つけたら即、手術をしてあげてくださいね。


最後にお知らせ。

次回の第5回・公園ねこの会は2012年1月22日(日)13:00~、
場所はいつもと同じ「阿倍野市民学習センター」です。
内容は対市交渉の結果報告、猫の里親探しを考える、などなど。
たくさんのご参加お待ちしています。




 応援よろしく!
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


   
   
スポンサーサイト


市民の会 取り組み | 17:53:46 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
公園猫制度の事は
初めまして。私達の耳にも入っています。同じ市内で個人的に何名かで関わっていて,自前の既製品の捕獲器を買って下手くそながら私達も
自力で捕獲したり,どうしても未手術で捕獲しなければならないが,猫の方が私達の上手を行くなどして,苦戦を強いられる時は,仕掛けを自在に使いこなせる他地域のリリース派の方に来て貰ったりして。はい,未手術を見つけたり,新参が来たりしたら,自分達なり頑張ってやっていますが,現場に出て直接捕獲に携わるようになってから思ったのは,交尾期に入る1ヵ月ほど前から,捕獲準備を整える事が一番ベストだと言う事。それだと,自然に,形振り構わずになりますが,捕獲が可能になる。
そして3年が経過する頃から,明らかに増え難くなっていると実感,手ごたえを感じ出し,減少が始まってくると言う事がわかって来ました。増える隙がないんですもん。大阪市も少しずつ動き出す様になってきましたね。又,来ますね。
2011-12-31 土 02:02:22 | URL | yamano [編集]
耳掃除もいいですが、歯を見てあげたらいいのにな~と思います。外猫って歯が悪かったり、口内炎の子多くないですか?歯が悪くて食べられないのが一番可哀相だから。
2012-01-03 火 00:48:55 | URL | そとねこ [編集]
Re: 公園猫制度の事は
yamanoさん、はじめまして!
yamanoさんも頑張っていらっしゃるんですね。
大阪市もボランティアの皆さんもがんばっています!!
お互い、猫のために頑張りましょうね^^
公園ねこの会ではまた避妊去勢支援は続けていく予定です。
不幸な命を増やさないため、これからも継続します。
たまにしか更新がありませんが、よかったらまたいらしてください。
2012-01-03 火 21:24:55 | URL | 公園猫 [編集]
Re:
そとねこさん、こんにちは。
確かにお外の子たちは口内炎や歯肉炎が命取りになることも多いですね。
でも、これはあくまで「避妊去勢手術」の支援であって、
二人の先生で100匹の猫を避妊去勢手術するだけで精一杯です。
細かなケアは猫たちを日々見守ってくださるサポーターさんにお願いしています。
今回の猫たちはサポーターさんのいる公園の猫たちなので、
ただ手術してリリースするだけでなく、その後も毎日見守ってもらえる猫たちです。
風邪ぎみだったり、食べ方がおかしかったりしたら、サポーターさんがケアしてくれます。
そんな頑張るサポーターさんの負担を少しでも減らそうということで、
避妊去勢手術の支援事業を行っています。
ご理解くださいませ。
2012-01-03 火 21:42:00 | URL | 公園猫 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。