■プロフィール

大阪ねこの会

Author:大阪ねこの会
大阪市の「公園猫サポーター制度」の発足とともにサポーターや個人ボランティア間の交流を図る目的で結成された「おおさか公園ねこの会」は、公園猫サポーターメンバーによる「連絡会」が発足したことにより、さらにボランティア間の交流を拡大する目的で名称から「公園」を外して「大阪ねこの会」と改名しました。
今後の活動として、ボランティアのマッチングコーディネイトや情報交換、勉強会、講演会のほか、会員の皆様の意見・要望をまとめ、関連機関との話し合いも進めていきたいと思っています。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■リンク

image.jpg

image5.gif

image2.jpg

image3.jpg

image4.gif

item.jpg

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第3回 大阪ねこの会定期集会報告(1)
去る2015年3月29日(日)に「第3回 大阪ねこの会定期集会」が行われました。
大盛況で定員ギリギリの50名の参加がありました。ありがとうございました♪


IMG_0972.jpg


代表水上氏は体調不良のため欠席でしたので、副代表荒井氏が代わりにしゃべりまくりました^^

まずは先日行われた十三地域の一斉TNRの報告を「十三地域猫の会」から。
全く何もないところから「十三地域猫の会」を立ち上げ、町会の協力を取り付け、「公益財団法人どうぶつ基金」さんに一斉手術に協力してもらい200匹近くの猫たちを手術し、リリース後の管理、猫マップ作製など、とても頑張っている様子を報告していただきました。 
皆さん猫ボラの経験もなく、どうすればいいのかも分からない状態からのスタートで、ここまでできたのは素晴らしいことだと思います。そして、「大阪ねこの会」がそのお手伝いをできたことをちょっと誇らしく思います^^



次に大阪市健康局と大阪市建設局との話し合いについて荒井氏から。

健康局は「街ねこ制度」の今後について。
「街ねこ制度」はTNRの助成制度のこと。今までは市の指定病院で、職員が搬送し、予算の都合から1年で300匹まで、というかなり制約のある制度でしたが、指定病院が公募制になって増え、申請者自身での搬送も可になり、大幅に改善されました。ふるさと納税で「猫のために」と頂いたお金も使えるようになり、結果、H24年度までの手術実施数は300匹に届かないものだったのが、H25年度は303匹、H26年度は(公式発表ではありませんが)400匹ほどになりました!! すばらしい前進です。これからもどんどん進歩してもらいたいですね。
この制度が始まってから、H18年と現在の所有者不明ねこの引き取り数を比べると半減しているのです!
あとは、今だに殺処分数の90%が幼齢猫ということなのでTNRをがんばって殺処分数を減らしましょう!というお話でした。

しかし、まだまだ課題はあります。この街ねこ制度、7月から9月まではお休みで、手術をしません。「夏場は傷口が化膿しやすいから」と言う理由のようですが、私たち個人では夏場も手術しますし、それで特に夏場は問題が起こりやすい、なんてことないですよね?ということで、せめてお休み期間をもう少し短くしてもらえないかと要望。
また、まだまだ広報活動が足りずに認知度が上がらないので、毎年秋に行われる「動物愛護フェスティバル」でブースを設けて広報してはどうか、と提案。

次は建設局。
こちらの報告はかなり残念。毎年行われていた猫セミナーが今年度からなくなることに!
行政としては全国的にもとても進んだ取り組みだと全国の猫ボラさんから褒めていただいていたのに、何たる後退!市民のニーズを全く考慮していませんよね。去年は500名ほど集まってあんなに盛況だったのに。
代替え案として前述の「動物愛護フェスティバル」などで広報活動をする、などの方法を検討してもらうことに。
ただ、建設局としては公園管理がお仕事なので「地域猫」に対するセミナーを継続するのは無理があるというのも事実です。
最も良い方法は健康局が主体でセミナーが行われ、建設局が協力するという形です。
「セミナーがなくなるのは、惜しい!」と思われる方は、セミナーの継続を市民の声として訴えてください。


お次は動物愛護推進員研修のご報告。
防災に関する研修について、大阪市の動物愛護推進員の荒井氏と大阪府の動物愛護推進員のKさんから。
東日本大震災以後、ペットとの同行避難の必要性が認識され、各自治体で同行避難可の避難所を設置するようになったそうですが、まだまだ認知されていないレベル。当該地区の自治会などには周知されていないところもあるそうで、指定された避難所に行っても動物同行者の専用スペースがなかったり、同行を拒否されたりする可能性もあるとのこと。
みなさん、お住まいの指定避難所がペット同行可であるかどうか今のうちに確認してくださいね。
その際、動物がダメな方もいらっしゃるのでペットを隔離する場所があるかどうか、など突っ込んだ内容まで自治体に確認すると安心です。
そして、フードの備蓄、迷子札やマイクロチップの装着、いざという時の避難の仕方など今からシュミレーションしておいてください。
備えあれば憂いなし!です。



長くなりましたので、続きは次の記事で。
まだまだ盛りだくさんな内容ですよー^^


 応援よろしく!
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


ねこの会 | 13:25:28 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015-07-11 土 11:32:19 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-07-11 土 11:36:19 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-07-11 土 11:57:02 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。